ポージング練習の基本とは!?やり方や筋肉の意識&用語をまとめてみた!

どうも!

本日はコンテストに向け、スポーツモデル・フィジーク・ボディビル・フィットネスビキニすべての方へ有益な『ポージングの基本』についてまとめてみました^^

何度も読み返せるよう工夫して書きました❗ (一定期間公開の限定記事にする予定。)

Sponsored Link

ポージングとは?

ここでいうポージング(Posing)とは、ボディメイクによって鍛え上げられた肉体を綺麗にカッコ良く魅せるため形にしたもので、

ただ単にポーズをとるというだけでなく、足にかける重心の位置や手の形・筋肉に力を入れる部位など、細部にこだわったものを『ポージング』といいます❗

このポージング・・・侮ることなかれ。

*意識の持ち方次第で、オーラが出るようになりますよ。

Sponsored Link

ポージングの基本となる考え!(*ここ重要)

①Lead Foot

この言葉知ってますか?

Lead Foot(リードフット)
脚(下半身)から動き、上半身を軽く決める。

これをLead Foot と言います。

ボディビル・フィジーク・スポーツモデル・ビキニ。

どんなに熟練した選手でもポージングをしようとすると、まず手で動こうとしてしまいます。

常に注意しないといけないです。

この考え方は、ポージングでとても重要な要素だと感じています。

・・・・・

参考になるのが、こちらの韓国のNABBA KOREAでの動画。

一人一人、ポージングの際に脚で決めてから上半身を決めているのが分かるかと思います^^

個人的には、真ん中の選手のポージングがツボです❗

脚で決めるとこんなにもカッコいいポージングになるのですね。

②switch up・bounsing・dragging

ポージングの用語

①Switch up:軸足と支え足を替えること。

②bounsing:重心軸を左右に振らせる動作。

③dragging:脚を引きずりながら移動する動作のことです。

基本的な用語のまとめです。

日本では初めて聞く方が多いと思います^^

海外のポージングではこの3つの脚の動作で表現されることが多いです。

– – “Follow your passion. It will lead you to your purpose.” – 2018 피트니스 시즌을 준비하시는 선수를 위한 포징 연습팁. – Using 3 balancing movements (3가지 중심이동법의 활용) – 1. Switch up 중심발과 보조발의 위치를 바꿔주며 중심이동을 이루는 가장 기초적인 동작. – 2. Bounce 무게중심을 중심,보조 발의 위치를 유지한채 몸의 무게중심을 중심발에서 보조발로 던지듯 동작함으로 중심이동을 이루는 동작 (후면포즈시 용이) – 3. Dragging 발을 지면에서 띄우지않고 끄는동작으로 자연스러운 중심이동을 이루는 동작. – 연습 TIP – 1. 전면-닫힌측면-후면-열린측면-정면 포즈를 3가지 중심이동 기술을 활용하여 1평방미터의 가상의 공간안에서 벗어나지않고 동작할수있도록 연습을 시작한다.(무대에서 최적의 조명을 받는 범위는 생각보다 넓지않다. zone 을 벗어나지않도록 연습한다) – 2. 예비동작후 중심이동을 이룬시점에서 하체(둔근,대퇴이두근)의 텐션을 상시유지한다. (상체 전, 후면의 강도와 텐션은 비교적 잘 유지되지만 다수의 선수들이 측,후면 포즈시 하체 텐션을 잃어 강도가 떨어져보이는 경우가 빈번하다.) – 3. 루틴위주의 연습을 지양하고 3분 길게는 5분의 시간을 정해 최대한 다양하게 쉼없이 포즈를 취하는 연습을 한다. (경쟁력있는 선수라면 비교심사에대한 준비는 필수다. 똑같은 루틴을 두번만 반복해도 포징의 새로움은 사라지고 약점이 보이기 시작한다.) – 짧은 영상과 글 만으로는 부족하지만 준비하시는 선수분들께 도움이 되었으면합니다. – 나바코리아는 2018 피트니스 시즌을 준비하는 모든 선수분들을 응원합니다. – #나를_바꾸는_나바코리아 #THE_POSE_MASTER

Kenkim(김영준)さん(@kenkimfle)がシェアした投稿 –

KenKim選手の貴重なポージング動画。ポージングに定評がある選手で、日本にポージングのセミナーをしに来日している選手でもあります。

Switch up、bouncing、dragging

すべてをこなしながら、抜群の雰囲気を醸し出しています。

彼はスポーツモデルなので、綺麗さや流れるようなポージングが魅力ですね。

コンテストでオーラを出す為に必要な5つ!

まだ日本ではポージングはトレーニングほど重要視されていないのが現状です。(*なんといってもトレーニングがありきのボディメイクなのでしょうがないですが。)

しかし、ポージングを日々こなしてきている選手と直前に練習した選手では、舞台では歴然とした差が出ることも多い気が。。

「ポージングが不安です。。」

「本番で全く力が出せなかったです。。」

こんな結果にならないようにするには、準備が必要です。

準備次第で、オーラを出すことも可能かと個人的には思います‼


Practicing(何度もポージング練習をすること)

ポージングを体に染み込ませること。

何度も練習することで動きが自然になります。何度も練習することで無意識にポーズができるようになります。

何度も練習をした人としてない人とでは、明らかにステージングが変わります🔥

染み込んでいないポーズは、なめらかさ、軽やかさがなく、自分自身もポーズをとっていて違和感があるはずです。そうすると、堂々としたポーズには見えません。


Hard Training(普段から全力でトレーニングをし、自信の持てる体を作り上げること)

普段から死ぬほどトレーニングすれば、「あんだけやったんだ!」と自信を持てます。

体が良いと堂々とステージングに立ってポージングが出来ます。

心に余裕を持つことが出来ます‼


Open-minded(素直な心を持つこと)

自分のポージングをみつめること。

「この人は自分のポージング上手いと思っているな。。。」ということがよくあります。

でも、本人は上手いと思っているのですが、かなり癖があったり、連結動作を良くしようとして、余計な手の動作を加えたりして、肝心のポーズを1秒もとっておらず、滑稽になっていることがあります。

これを防ぐためには、だれでもいいので人に見てもらう必要があります。

当然人によって意見が異なるんです。

それを、「あの人は素人だから聞く意味がない」といってハナから聞かないのは間違えで、その人の意見の中に、実は自分のポージングを変える大きなきっかけがあることがあります。

どうしてもプライドが出てきてしまって、人の言うことを聞けなくなることがあるものでう。


imaging(当日のイメージを何度もする)

大会当日のシミュレーションを頭の中で何度もすることです。

imaging – practicing – imaging -practicing・・・これを繰り返すこと。

イメージ練習で自分の潜在意識に『勝つ🔥』という闘争本能を引き出していきます。


technique(よく見せるポージングテクニックを習得する)

基本ポーズができていれば、実はあまり問題がないです。基本ポーズに加えて、さらに細かいテクニック

Switch up、bouncing、dragging表情視線

があるとさらに洗練されてきます。

よくこの細かいテクニックばかりをやってしまう選手を見ますが、細かいテクニックばかりやっているとこれもまたダサく見えてしまいます。

  1. Practicing
  2. hard training
  3. open-minded
  4. imaging

これを繰り返し、そのうえで 5. technique が必要と考えた方がいいです。

ということで、これら5つを普段からやることで自然と堂々とできるようになります。試合をたくさん経験した人が堂々とできるのもこの5つを繰り返しているからです。

経験しているのに、舞台の振る舞いが変わらない人がいます。そういう人はたいてい 3. open-mindedがなく頑固です。

3がないと、1. practicing, 2.hard-training, 4.imaging, 5.techniqueの全てが変わらず、洗練されないので、体も変わらないし、ポージングも変わらないし、全然変わらない毎年同じの人なのかも。。


以上長くなりましたが、karada@press自身この記事をまとめ、整理することが出来ました。

では、大会前の皆さん。一緒に頑張っていきましょう❗

Sponsored Link

おすすめの関連記事はこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です