【2021FWJ】EVOLGEAR HIDETADA YAMAGISHI, IRIS KYLE JAPAN CLASSICの結果速報!優勝選手のまとめ!

2021年シーズンでは初、IFBB PROカードを取得できる大会が開催されます。

『EVOLGEAR HIDETADA YAMAGISHI, IRIS KYLE JAPAN CLASSIC』

盛り上がる事間違いなしです。

注目選手が多く出場されるので、個人的に大注目の選手をピックアップして紹介していきます。

当日はライブで中継されるので、直接見に来れない方でも楽しめますね。

結果速報でも優勝選手をまとめていきますので、要チェック。

Sponsored Link

2021 EVOLGEAR HIDETADA YAMAGISHI, IRIS KYLE JAPAN CLASSICの概要

開催日時

開催日時:2021年5月22日 10時半開場

開催場所

場所:ベルサール高田馬場 イベントホール

住所:東京都新宿区大久保3丁目8-2 住友不動産新宿ガーデンタワーB2・1F

スケジュール

LIVE情報

https://fitnessworldtv.vhx.tv/products

上記リンク先でLIVE情報がチェック出来ます。

・当日のLIVEのみ2000円。

・当日以降も視聴可能3000円。

Sponsored Link

個人的注目選手一覧

エドワード加藤選手。

メンズフィジーク クラスCに出場予定です。

第一候補はこちらの選手ですね。

最もプロに近い選手なのは、知名度をとっても間違い無いでしょう。

弱点であるミッドセクションは去年から大幅に改善され、全体のシルエットもボリュームが桁違いに。

日の打ちどころ無いです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Shintaro Manago(@1996shin)がシェアした投稿

真子心太郎選手。

フィジーク クラスBで出場されます。

フィジークにとって必要なミッドセクションの強さ・バランスが群を抜いており、素晴らしいです。

トップ争いに絡んでくること間違いなしの選手です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Farouq Ishimoto(@farouq0214)がシェアした投稿

フィジーク クラスDに出場されるファルーク選手。

高身長でありながら、バルクはTOPです。

なかなかこの様な選手はいません。正直、現時点でもオリンピアで通用するんじゃ無いかっていうぐらいの迫力があります。

生で見たらもっとエグい。

Sponsored Link

結果速報(優勝選手まとめ)

フィギュア 優勝 渋谷美穂

 

この投稿をInstagramで見る

 

渋谷 美穂(@miho_fitness)がシェアした投稿

渋谷美穂選手がフィギュアでオーバーオール優勝されました。

ミッドセクション強すぎです。

腹筋だけなら男性トレーニーをものともしませんね。

FIRE gym のオーナーであるのは有名ですね^^ 優勝おめでとうございます。

ビキニ 優勝 Shmukler Elizabeth

 

この投稿をInstagramで見る

 

Shmukler Elizabeth IFBB PRO(@erizababy)がシェアした投稿

エリザベスさんがビキニで優勝。IFBB PROとなりました。

脂肪が少なく、女性でこのストリエーションを出すのはなかなか出来ないことです。

エリザベスさんは常に絞れているイメージ。

パーソナルを受けたい方はパワーハウスジム東京へどうぞ。

フィジーク優勝 エドワード加藤

エドワード加藤選手がフィジークで優勝。

もうこれは決まっていたかの様な結果でした。 順当にエドワード加藤選手かファルーク選手かってところですね。

去年と比べウエストが太かった印象を受けましたが、上半身のボリュームを作るにはウエストのサイズUPもありますから。

今後の成長にも大きく期待大^^

クラシック フィジーク優勝 園部拓哉

 

この投稿をInstagramで見る

 

ベーやん(@beee.ya.n)がシェアした投稿

クラシックフィジークを制したのは、園部拓哉選手。

今大会、一番の仕上がりだったのではないでしょうか?

ケツの絞り、ハムのカット、腹筋のシンメトリー、カッケー体ですよね。

y4のトレーナーを卒業され、トレーニングから遠ざかる期間があった二年間。

その期間で、ここまでの仕上がりに持って来れるメンタル面。

体を見て分かる精神面。かっこ良すぎ。。

ボディビル 優勝 倉持 健太郎

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kentaro Kuramochi(@tarokenful1)がシェアした投稿

ボディビル優勝は倉持選手。

年々、体のスケールアップがされており、才能を感じさせてくれる選手。

素質自体は、ミロスキャンプで見出されており、エドワード加藤選手とも並ぶ逸材選手だったと聞いています。

ここまでの、体の仕上がりは到底出来ませんね。

偉業の達成おめでとうございます!!

終わり

2021年、コロナがまだまだ猛威を奮っています。

緊急事態宣言と自粛活動が虐げられる中で、個人の活動が問われています。

そんな中で、開催されるフィットネスの大会は賛否両論ありますが、個人的には明るい未来を見せてくれる素晴らしい機会だなと感じます。

コロナが終息されることを祈って。

おすすめの関連記事はこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です