【2020FWJ】BEEF SASAKI JAPAN CLASSICの結果速報‼︎あの大物選手が登場‼︎

来ました。来ました。この日が。

「2020 FWJ BEEF SASAKI JAPAN CLASSIC」

2020年ビーフ佐々木クラシック。

FWJ(旧NPCJ)開催当初より、伝統を受け継がれている大会で毎年選手達のレベルもグッと上がっている。

しかも、ビーフ佐々木は何かとレベルが高い大会でもあり、注目が集まります。

karada@press個人的に大注目している選手がいるので、紹介させてください❗️

この8月15日のために、人生をかけている選手がいっぱいいるので、リスペクトを込めて、お送りします。

Sponsored Link

EVOLGEAR BEEF SASAKI JAPAN CLASSICの概要

日時

2020年8月15日 (土) open:10:30 a.m.  start:11:00 a.m.

場所

静岡県静岡市葵区駿府町2-90

静岡市民文化会館 (中ホール)

チケット

観戦チケット完売済み。(当日券の販売はございません)

座席の間隔を空けて観戦をして頂きます。

未就学児童は入場無料。(※但しお席が必要な場合は、小学生券が必要となります。)


チケットは大会の開催10日前に販売します。

開始日には売り切れてしまうので、見逃さない様にアラームを設定しておきましょうね。

Sponsored Link

注目選手の紹介

Sally Kawai

 

この選手を見てピンとくる方いますか??

なんとこの選手、エドワード加藤選手のお姉さんです。

しかも、デビュー戦です。

流石のプロポーションで、間違いなく優勝に絡んでくる選手だと感じています。

イギリスと日本のハーフ。

現在の本に在住されていることから、弟のエドワード加藤さんとも仲がめちゃくちゃ良いとのこと。

ビキニ オープンでの出場。

akiba kazuki

秋葉カズキ選手。

スポーツモデルの選手で、数々のタイトルを取ってきている選手。

最近ではNABBA KOREA クラッシックモデルのプロである、dajin(ダジン)さんの弟子として、メキメキと頭角を表しています。

kazuki選手の一番の武器は足。

エグい仕上がりです。

実際に間近で見たことがあるのですが、綺麗でギチギチに筋密度が詰まっていましたよ。。

これは優勝ですよ。

顔もイケメンすぎ。

fernando tadachi

 

フェルナンド選手。

確か、去年もNPCJのある大会フィジークで優勝していました。

若干22歳という、驚異の若さ。

ジャスティンビーバーがお好きなようで、むしろジャスティンよりもかっこいいんじゃないかとさえ思います。

身長は178cm前後で、カテゴリーは同じくフィジーク。

これは優勝でしょう^^

EVOLGEAR BEEF SASAKI JAPAN CLASSICの結果速報

クラシックフィジーク優勝 松原光太郎

infinityorcaさん、miuchokoさんからお写真を拝借です。。

クラシックフィジーク優勝は松原光太郎選手。

さすがの光太郎さん。

光太郎さん自身9月5日のNABBA KOREA クラシックモデルに挑戦予定でしたが、NABBA側からコロナによる対応で日本人選手は再び参戦できないことになってしまいました。

光太郎さんにとっての目標はクラシックモデルですから、FWJではエッセンスは違えど、今後のNABBA KOREAでも日本人初のプロ獲得に最も近いと思っています。

nabba koreaが出れないということは、9月5日に開催される、EVOLGEAR HIDETADA YAMAGISHI, IRIS KYLE JAPAN CLASSICに参戦でしょうか。

IFBBプロカードも視野に参戦でしょう。

とにかくカッコ良すぎます。。優勝おめでとうございます。

physique -170 優勝 岡田涼平

 

フィジークー170の優勝は岡田選手です。

フィジークのオーバーオール優勝も獲得されました。

早速、次に向けた準備をされているということですから、さすがの一言ですよね。

光太郎選手と同様、9月5日のEVOLGEAR HIDETADA YAMAGISHI, IRIS KYLE JAPAN CLASSICに参戦で決まりでしょう。

優勝おめでとうございます。泣

ビキニ ノービス オープン ダブル優勝 河合 サリアーン美樹

Sally Kawai選手がビキニ ノービスそしてオープンともに優勝。

これは超大物になる予感。

デビュー戦で2冠達成ってヤバいですよ。

やはり、きましたね❗️

エドワード選手のお姉さんでもありますから、超大物選手になるのではないでしょうか?

このまま9月5日のプロクオリファイにつなげ、IFBBビキニプロまでなることができたら、エドワード加藤選手よりも先にプロ獲得もあり得るかと思います。

これは、激アツですね🔥

優勝おめでとうございます。


*ジャッジシートが出ました。

こちらをクリックしていただけば、結果がまとめてみれます。

FWJの運営・進行、関係者様方々に感謝です。

Sponsored Link


みんな大好き「ビーフ佐々木クラシック。」

年々盛り上がりを見せる大会ですからね。レベルが高いのは頷けます。

それにしても、、超大物がデビューで優勝。しかも2冠達成とか、、

モチベーション貰いまくりです。

おすすめの関連記事はこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です