【2020】FWJ EVOLGEAR BLAZE OPENの結果速報!!優勝者や期待の選手をまとめたよ!

待ちに待った2020年初コンテスト。

『2020 FWJ EVOLGEAR BLAZE OPEN』

開催は2020年8月8日です。

今大会はなんと、スポーツモデルのジャンルが新設され、ニュージェレネレーションが誕生する記念すべき日でもあります。

世界で蔓延するコロナの影響で、日本で開催されるフィットネス大会はことごとく中止です。

そんな中、開催される大会なので、注目が集まらないわけないですよね。

個人的に気になる期待の選手や各優勝者たちを速報していきます。

Sponsored Link

FWJの概要

旧NPCJから令和元年にFWJへ名称変更されました。

「フィットネス ワールド ジャパン(FITNESS WORLD JAPAN)」

年々人気を増すフィットネス大会ですが、その人気の理由は名前の通り、世界が発行するプロカードを獲得できるチャンスがあるからですね。

IFBBとの協定を結び、日本でIFBB PROになれるチャンスが2018年(約2年前)からこのFWJで実現されました。

*開催経歴

平成27年度:7都市、8会場で実施

平成28年度:7都市、8会場で実施

平成29年度:9都市、12会場で実施

平成30年度:9都市、18会場で実施予定

実績素晴らしい大会です。

今後の日本のフィットネスレベルを牽引してくれる団体でもあります。

EVOLGEAR BLAZE OPEN

開催日時

2020年8月8日 [ 土 ]

open:10:30 a.m.  start:11:00 a.m.

場所

三郷市文化会館 (大ホール)

住所:埼玉県三郷市早稲田五丁目4番地1

チケット入手先

→完売。発売開始わずか1日で、品切れでした。コロナの影響で座席数の制限があります。

期待の選手

スポーツモデル

kuga kenta選手

若干23歳という若さ。久我さん。

これからのニュージェネレーションです。

スポーツモデルのトップ選手となるでしょう。

隣に映る選手も、同じチームとして日本のTOPを牽引することでしょう。

フィジーク

喜納 穂高選手

フィジーク&クラシックフィジークに参戦される喜納穂高選手。

えぐい仕上がりです。

仕上がり体重80kgジャストですからね。

半端ないですね。。水抜きで78kgでしょうか。

m違いなく優勝に絡む選手ですね。

気になる優勝者達をピックアップ

スポーツモデル 優勝 keiya選手

スポーツモデルで優勝された選手は、KEIYA選手。

NABBA KOREAでも、日本人の中で上位の成績をとっている凄い選手です。

ポージング上手すぎで何より笑顔が素敵^^

NABBA JAPANでは運営及びサポートを一生懸命されていましたね。

この度は優勝おめでとうございます。

フィジーク オーバーオール優勝 喜納穂高選手

フィジーク、クラシックフィジークともに優勝。

オーバーオール優勝でこの日を飾ったのは喜納穂高選手。

やはりでしたね。

余力を残しての優勝は、、、えぐい。

9月のプロカード獲得できる大会に出場予定だそうで、これからもっとえぐい仕上がりになりそう。

優勝おめでとうございます。

モノキニクラス 優勝 とももと もと

ビキニ優勝はとももと もとさんです。

これは美しいですわ。

モノキニクラスは5人でしたが、圧倒的でしたね。

おめでとうございます。

結果まとめ

結果がまとめて発表されました。

→ジャッジシートはこちらをクリック

終わりに

今回、注目されていたRIJU選手はなんと予選落ちされてしまいました。

いつもよりぼてっと水分が体に残っていた印象で、調整失敗されてしまったそうです。

でも、挫折から蘇る選手は強い。

上位を取るような選手でも、失敗されてしまうこの世界は恐ろしいですが、それだけ魅力的な世界でもあります。

もっと、フィットネスが流行るようこれからも大会のレポートしていきます。

ちなみに、karada@pressは去年の大会に続き、11月22日のNABBA JAPANにでます。

応援の程よろしくお願いいたします。

おすすめの関連記事はこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です