ドクターペッパーダイエットが減量に超オススメ!成分や飲み方と最安値は?

どうも! karada@pressです。

本日は『減量に役立つドリンク』の紹介。

ちなみに、フィジークやボディビルの超有名選手達がこぞって飲んでいるのも最近知りました)笑

(*減量は知恵が必要ですよ。

Sponsored Link

Dr.Pepper Diet(ダイエット)とは?

はっきりと好き嫌いが分かれるドクターペッパー。

ちなみにkarada@pressはめちゃんこ好き! これが無いと生きられない。笑

更にいうと、普通のドクターペッパーよりもドクターペッパーダイエットの方が成分も味も優れているという気がしてならない。

このダイエットシリーズは・・・なんとカロリーオフ。

『ゼロカロリー』というもんだから、ボディメイクをする人達には最高の一品なんじゃないかな?

Dr.Pepper Diet(ダイエット)の成分!

ドクターペッパーダイエットの成分はこんな感じ。

成分表

・タンパク質0g

・脂質0g

・炭水化物0g

・総エネルギー0kcal

カロリーオフなので、勿論こうなりますわww

でもですね、このカロリーオフというのも至って水と一緒でしょ❗という訳ではなく、実は危険な一面もあるんですよね。理由は次へ↓↓

これを知らないと危険な一面も!?

カロリーオフだからといって、飲み過ぎは良くない。

これはいくつかの理由があるので、まとめてみよう。

①人工甘味料の過剰摂取は、脂肪が蓄積されやすくなる。

やや難しい表現ですね。

簡単にいうと、

インスリンのサイクル

甘味料を摂ると脳が「やった〜!甘いものだ〜。」と認識し、インスリンを出す。

このインスリンが血糖値を下げる。

血糖値が下がると、次の食事で糖が必要になる。(*こんなサイクルがあります)

そもそも甘味料には、人工甘味料天然甘味料があります。

この人工甘味料はゼロカロリーの商品では多く使われており、ドクターペッパーダイエットも人工甘味料が主です。

人工甘味料のメリット・デメリットとは?(詳しく知りたい方はこちら)

②依存性が高まる。

これも人工甘味料のひとつの作用。

人間って甘いものを食べると幸せな気持ちになりますよね〜笑

まさに、この快感を脳が覚えてしまうことがネックで、味の刺激が足りないと満足出来なくなってしまう。これは怖い。。


飲む頻度としては、仕事終わりに一本、風呂上がりに一本という程度なら問題ない範囲だと思う。

実際、karada@pressは一日2本飲んでいるがすこぶる調子は良く、減量も進んでいる。

Sponsored Link

Dr.Pepper Diet(ダイエット)は減量に最適な理由!

ゼロカロリーのデメリットを知ったところで(*ただ飲み過ぎなければ良い話だが。笑)、もう怖くない。

むしろ、減量の最高のパートナーになること間違いない。

①美味くて満足感がある

味はめちゃめちゃ美味い^^

最初の一口目は、炭酸がジュワ〜と溢れてまさに至極の一杯‼

20種類以上のフルーツフレーバーで飽きもこない。

美味しいので、毎日飲み続けられるのはメリット大きいですよ。

②炭酸が心地よく、腹持ちが良い

ここは炭酸の力^^

炭酸が胃の中で膨れるので、減量・ダイエットの空腹を手っ取り早く満たしてくれます❗

腹持ちが良いのは、ほんと助かります。

③勿論カロリーオフ

カロリーゼロですから。

減量に最適なのは当たり前ですね^^

ちなみに以下の選手達もこぞって、ドクターペッパーダイエットを飲んでいます。

 

 

NPCJ2連覇のチャンピョンである、廣川翔一選手も毎日の晩酌に飲んでいるようです^^

冷蔵庫にぎっしりと詰まっているのには、驚きですね❗

リフレッシュに最適な一杯でもありますし、価格も低コストですからね〜

グッドな商品ですよ^^

販売先はここが最安値! 手っ取り早く欲しい方はこちら。

減量やダイエットをしたいなら、

普通のドリンクを飲んでいる場合じゃない。急げ❗ということで、最安値はコストコです。

コストコ価格は1,500円程度です。

コストコが近くに無いよ〜という方は、手っ取り早いのは通販❗

楽天とAmazonで30缶入りで、最安値はこの通り。

楽点は1,798円+送料

Amazonは2,499円

一缶当たりのコスパは約80円で、毎日一本としたら1ヶ月持ちますから最高のコストパフォーマンスでは?

コンビニのデザートを買ってる場合ではないですよね。


めちゃくちゃお勧めなドクターペッパーダイエット❗

良かったら1度飲んでみてはいかが? みるみる体も絞れますよ^^

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です