縫工筋はスポーツモデルの要だ!作用や筋トレ方法&カットの出し方まで!

『縫工筋』

それはスポーツモデルで勝つ為の要である。

日本でもボディビル、フィジーク、スポーツモデルといったカテゴリーが少しずつ認知されてきたように感じる❗️

その人気は今や、メディアへの参入度合いでは計り知れないものとなっている。

つまるところ何故、縫工筋が重要なのか? 

「作用」や「筋トレ方法」&「カットの出し方」までマニアックに紹介しよう。

Sponsored Link

縫工筋とは?

縫工筋とは、骨盤から下腿まで繋ぐ人体最大の長さを持つ筋肉。

脚のボリュームを作る上で最も重要と言われる。

ボディビル・フィジーク・スポーツモデルどのカテゴリーでも脚は評価対象だが、スポーツモデルは特に縫工筋は評価の対象となっている。

何故なら、縫工筋から足先までのカット・脚の長さが数ミリ単位で評価の対象となるからだ。

余談はここまでで、まず筋肉の走行をチェックしよう。

縫工筋

起始:上前腸骨棘

停止:脛骨粗面

神経支配:大腿神経(L2・L3)

筋肉の位置関係を知ることが、まずもっとも重要。

大腿神経(L2・L3)が神経支配している。そのため、背骨の腰椎(L2・L3)が正しい位置にあることも重要ということが分かる。

作用

作用

股関節:屈曲、外旋、外転

膝関節:屈曲・内旋

作用は股関節と膝関節の動きに関与する。

簡単にいうと、あぐらをかく時を想像してほしい。要はあぐらをかく動き自体が縫工筋の動きでもある。

この動きを知り、トレーニング・カットの出し方に生かしていこう。

Sponsored Link

縫工筋の素晴らしい選手とは!?

上の画像が2018年⇒下の画像が2019年。

松原光太郎選手。

日本を代表するスポーツモデル。

成長率がとても素晴らしい。

2019年にNABBA スポーツモデル プロ選手となりました。

NABBAは年々選手達のレベルが上がり続けている団体。その団体の中で、プロとなったというのは歴史的快挙なのです。

評価で最も重要ななのはもちろん脚。

縫工筋のカットが見事に分かりますね。

Classic an。(クラシック アン)

NABBA CLASSIC MODELのプロ選手。

スポーツモデルよりも、筋量があるカテゴリーをクラシックモデルといいます。

評価の対象は、やはり脚。

カット・ストリエーションが走る脚はカッコいいです❗️

縫工筋のカットの出し方を紹介!

https://video.fkix2-2.fna.fbcdn.net/v/t42.3356-2/71210280_3047476835293888_7462137349928725804_n.mp4/video-1568011268.mp4?_nc_cat=108&_nc_oc=AQnHKpRrHFhJnnKgQVAqd_7wLhib9hut1lZQyZ2yfclu4V3DI1ufrHni0LuJJQcBe9M&vabr=859454&_nc_ht=video.fkix2-2.fna&oh=4a9a665a6b4997635d7d403f834cd75f&oe=5D77AFAB&dl=1

 

この投稿をInstagramで見る

 

D-8 질감이 변해가는건 알겠는데, 느리다 박차를 가하자.

Dajinbaek(백다진)さん(@dajin_baek)がシェアした投稿 –

この動画を観てほしい。

縫工筋のカットは、あぐらをかく動作のプレアクション(初動作)で出すことが出来る。

地味な作業だが、カットを出す作業では欠かせないマッスルコントロールである。

縫工筋のマッスルコントロールが出来ない方は、まずマッスルコントロールから始めてみましょう。

縫工筋の筋トレ・トレーニング方法まとめ

マシン

 

この投稿をInstagramで見る

 

【脚のカット出し】 . . 🦵レッグエクステンション🦵 . . クアド、縫工筋のセパレーションを作るのに重要な種目。 . . まず両脚で伸展動作を行い、個別の筋収縮を意識し、収縮をする。ちなみに、筋の起始部をつまむ.タッピングも大切。 . . 次にシングルレッグエクステンションへ。脚をあぐらをかく姿勢のプレアクション動作を作り、動作を行う。 . . 常に筋の走行をイメージして、収縮。 . . #leg #脚 #マッスルコントロール #筋トレ #トレーニング #筋肉 #muscle #care #musclecontrol #sportmodel #bodybuilding #bodybuil #fittness #conditioning #legxtension #legday

Masaki Machidaさん(@masaki_m2)がシェアした投稿 –

「レッグエクステンション」

↑ 分かりやすいように動画を撮ってみました^^

マシンを使うことが最も効率が良いです。。

脚のカットを出す・クアド、縫工筋のセパレーションを作るのに為に、重要な種目です。

まず両脚で伸展動作を行い、個別の筋収縮を意識し、収縮をする。ちなみに、筋の起始部をつまむ・タッピングも大切。

次にシングルレッグエクステンションへ。脚をあぐらをかく姿勢のプレアクション動作を作り、動作を行います。

常に筋の走行をイメージして、収縮あるのみ。

こちらは脚のカットを作るというよりは、脚全体のボリュームを付ける為に必要な種目です。

フルボトムでのスクワット、レッグプレス、レッグカール、ランジ

是非参考にしてみてください。

モデルは、Sang hyun Jung。韓国のNabba proスポーツモデル。

自重

縫工筋の動きである、あぐらをかく姿勢と逆行する動き。

内側・外側ハムストリングスの付け根を分離させる為のトレーニングです。

付け根を両手指で食い込ませ(内側・外側ハムストリングスを分離させ)、膝の伸展運動を行います。

この運動を行うメリットは、強制的にハムのストレッチポジションを作ることが出来るので、大腿前面部の筋収縮を最大収縮させることが出来る。

筋の相反神経支配による賜物です。

座ったままできるので、どこでもトレーニングすることが出来ます。

まとめ

縫工筋のカットがあるだけで、脚の見栄えがググッと良くなることが分かるでしょう。

脚のボリュームが出ることで、上半身とのボリュームと重なり、ダイヤモンド比が出来上がる。

脚のトレーニングをすると見栄えも良くなるが、全身の血流量が高まり、全身のバルクアップにも繫がる。

「脚=縫工筋」

といったキーワードで、半年〜1年トレーニングするのも1つかも。

おすすめの関連記事はこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です