IFBB PRO LEAGUEが激アツ!優勝金額&日本初のプロは誰の手に!?

この記事を見ているあなたに朗報!!

日本のフィットネスの歴史が変わる日が、2018年11月17日&11月18日にありました❗

コンテスト名は「IFBB PROFESSIONAL LEAGUE JAPAN PRO 2018」。

なんと!

この日に、日本で開催される大会で初のIFBB PRO選手が誕生予定です✨ (同時に3名ものプロボディビルダー&フィジーカー、ビキニ選手が生まれるかも!?)

海外のプロ選手達が東京(渋谷)に集合となるので、間違いなくビックイベントになる予想。

各ブースにアパレルやサプリメーカーなどの限定アイテムも並ぶかも!?

「大会の概要」や「出場選手」、「チケット販売情報」、その他・豆情報など記事にまとめていますので、要チェック^^

Sponsored Link

IFBB PROFESSIONAL LEAGUE JAPAN PRO 2018とは?

概要

コンテスト名は『IFBB PRO LEAGUE』

正式名称【IFBB PROFESSIONAL LEAGUE JAPAN PRO 2018】となります。

日本で開催される初のボディ競技プロコンテスト開催ということで、業界ではかなりの注目が集まっています。

プロモーターは山岸秀匡選手(日本人唯一のIFBBボディビルプロ)ということもあり、盛り上がり間違いない状況。

開催日時&場所

開催日時:2018年11月18日(日)

場所:ベルサール渋谷ガーデン(〒150-0036 東京都渋谷区南平台町16-17)

出場資格

出場資格は、2018年11月17日(土)開催「IFBB PROFESSIONAL LEAGUE PRO QUALIFIER 2018」でプロクオリファイを獲得した選手のみ。

*簡単にまとめると、この様なイメージ

・2018年11月17日にプロを選抜するコンテスト。

・2018年11月18日にプロを決定するコンテスト。

詳しく知りたい方は、こちらに詳細の⇒リンクを載せておきます。

開催カテゴリー

BIKINI(ビキニ)

MEN`S PHYSIQUE(メンズフィジーク)

BODYBULING212(ボディビルディング212)(96kg級)

優勝金額

BIKINI(​ビキニ):優勝 5,000$

MEN`S PHYSIQUE(メンズフィジーク):優勝 5,000$

BODYBULING212(ボディビルディング):優勝 12,000$

日本円で換算すると、総額440万円(44,000$)

日本で開催されるボディメイクコンテストの中では、歴代一位かと。

ビキニとメンズフィジークは第4位まで賞金。ボディビルディングは第5位まで各賞金が出ます。

(これは激アツ🔥)

チケット販売期間

2018年7月〜順次発売予定。

詳しい詳細は後日発表ですので、分かり次第直ぐにUPをします。

(*開始数秒で売り切れることが予想されますので、見逃し厳禁❗)

チケット発売開始

2018年7月より、遂にチケットが発売開始となりました。

チケット購入先→https://npcj.jp/contest/japan-pro/

*karada@pressは2018年11月18日のプロ決定戦「IFBB PROFESSIONAL LEAGUE JAPAN PRO 2018」のチケットを速攻買いました^^

なんとVIP 2DAY PASS(17日・18日)は価格30万! SS席は10万円!

会場が豪華だけに、チケットの価格も半端なく高いですね。

でも、安心してください! A席やB席はお安く購入出来るみたいなので、要チェック^^

当日券の販売あり

2018年11月17日・18日ともに当日券の販売があります。

余っている席の詳細は不明です。会場がとてもでかい箱になりますので、前売り券を買えなかった方は、期待しても良いかも!

Sponsored Link

IFBB PROFESSIONAL LEAGUE JAPAN PRO 2018に出場予定の選手とは?


出場予定のIFBB PRO選手

・KIM JYN HO

・MARCO KARDONA

・BREENA MARTINEZ

・DOWYNE QUAMINA

・KANG KYUNG WON

・JOSE RAYMOND

・MIHARU

・ASHYLEY KALTWASSER

・DAVID HENRY

・ADRIANA GONZALEZ

・HYUNJIN KIM

(*出場選手が分かり次第、随時更新中。) →*詳細決定。

ビキニフィジークボディビルディングの出場選手。各クリックでリンク先に飛べます。


KIM JYN HO(キム・ジュンホ)選手

김준호클래식 참가신청. 2018 IFBB PRO 카드를 위한 선수 여러분들의 선택입니다. 아마추어 IFBB PRO LEAGUE 대회 선수 파견전을 겸한 2017 김준호클래식 경기장소: 일산 킨텍스 전시장. ☆2017 김준호 클래식 하반기 타임 스케줄 ☆ 계체및 바디 컬러링 일시와 시간 숙지 하시기 바랍니다~ 1일차 (10월 14일) 경기에 출전하시는 선수 분들은 10월13일 점심 12시 체중계체와 바디 컬러링을 하셔야 합니다(중복 출전 선수 포함) 2일차 (10월 15일) 경기에 출전하시는 선수 분들은 10월14일 점심 12시 체중 계체와 바디 컬러링을 하셔야 합니다(중복 출전 선수 미포함). ♧김준호 클래식은 선수전원에게 바디 컬러링 시술을 주최측에서 해드립니다. (경기장에서 개인의 바디 컬러링작업은 불가합니다) 참가신청 www.musclekim.com #bodybuilding #bodybuilder #IFBB #IFBBPRO #supplements #physique #motivation #muscle #musclekim #fitness #figure #athlete #workout #health #musclemania #aesthetics #김준호클래식 #헬스 #보디빌더김준호 #보디빌더 #보디빌딩 #몸짱 #헬스타그램 #피트니스 #다이어트 #보충제 #피지크 #비키니

보디빌더 김준호さん(@ifbb_pro_kimjunho)がシェアした投稿 –


DAVID HENRY(デイビット・ヘンリー)選手


MIHARU(ミハル)選手

1枚目 ・ 右2015年7月 ベストボディジャパン名古屋 48kg 左2018年3月 IFBB Hawaii PRO 53kg 3年間で、ずっとコンプレックスだった狭い肩幅、ランドセルがずり落ちていた撫で肩、小学生並みと言われたお尻の小ささが、自分の強みに変わった。 コンプレックスだって、努力すれば武器になる。 2枚目 ・ 右 2016年9月 JBBFオールジャパンフィットネス選手権大会 52kg 左 2018年3月 IFBB HAWAII PRO 53kg 必要な箇所に必要なアプローチをしてより造形美を追求する。 (トレーニング内容はオンラインサロンで公開中) こうやって並べてみると、 毎日のちょっとした積み重ねがいかに大事か気づく事ができる。 ・ 未来の自分が後悔しない生き方をしよう。 ・ Picture 1 Right side 2015/07 Best Body Japan. My weight was 48kg. Left side 2018/03 IFBB Hawaii Pro. My weight was 53kg. I’ve been training for 3 years. I had an inferiority complex about my shoulders being narrow. I couldn’t carry on Randoseru which a School bag for primary school students. because of I had sloping shoulders. I also had tiny hips like a primary student. all my inferiority complexes turned my disadvantage into an advantage now. If you try hard, even a sense of inferiority will become a strong point. Picture 2 Right side 2016/09 JBBF All Japan Fitness 52kg Left side 2018/03 IFBB HAWAII PRO 53kg build hips shape make my legs look longer. What you want to be. It is important to make continuous efforts. Live one day at a time so you’d have no regrets! What would future you want you to do? #hawaiistagram #hawaiilife #ifbb #ifbbbikinipro #bikinicompetitor #motivation #fitnessmotivation #transformationtuesday

MIHARUさん(@miharufitness)がシェアした投稿 –

日本人初のIFBB BIKINI PROのミハル選手。

コスプレイヤーでもありフィットネスモデルでもあり、魅力溢れんばかりの選手。

ミハルさんもIFBB PROとしての参戦が決まっており、ミハルさんの体を見るだけでも人生観変わるかも👍

ミハル(Miharu)フィットネスビキニが熱い!モデルや年齢&美尻に注目!!

IFBB PROFESSIONAL LEAGUE PRO QUALIFIER 2018の結果速報!(優勝者一覧)

遂に、2018年11月17日(土)に開催。(プロを選抜する大会。)


クラシックフィジーク優勝 Mathugasa naoya選手

直也選手がクラシックフィジーク優勝‼️

体だけでなく、パフォーマンス・ポージング・ステージングが素晴らしい。。

サマスタ出身の選手でもあって、存在感半端ないですね。。

メンズフィジーク クラスA 優勝 廣川選手

日本人唯一のクラス別優勝者、廣川選手^^

まさしく、パーフェクト🔥

サソウさんは第2位❗️

メンズフィジーク クラスC優勝&オーバーオール優勝 최봉석選手

メンズフィジーク クラスC優勝&オーバーオール優勝は최봉석選手。

凄まじい肉体。。

フィジークでプロになるためには必要な肉体とも言えるでしょう。

ボディビル ヘビー級 優勝 鹿晨辉選手

第一遍油第一顿饭

鹿晨辉さん(@luchenhui2018)がシェアした投稿 –

ボディビル優勝は、中国の鹿晨辉選手。

プロモータの山岸さんのコーチであるミロス氏の直弟子。

これは…凄すぎる。。明日のプロ戦では活躍間違いないですよ。


*分かりしだい随時、更新致します。

メンズフィジークは、残念ながらクラス別の優勝は日本人一人だけでした。。それだけレベルが違うということですね。

皆さん気になる選手。。。

(湯浅選手は第2位、カネキン選手は第4位、パトさん第3位)

ボディビル・ビキニ・フィジークの速報はこのまま追記していきます^^

Sponsored Link

IFBB PROFESSIONAL LEAGUE JAPAN PRO 2018の結果速報!優勝者はいかに!?

2018年11月18日(日)に開催。

ビキニ優勝 Breena Martinez(ブリーナ マーティンズ)選手

By this time tomorrow…..I get to step on stage for the last time in 2018. . . . . . . This will be my 8th show this year and 28th @ifbb_pro_league Bikini Competition. Regardless of what happens tomorrow night…I AM PROUD. I never gave up, I trained hard all year, and I am ready to go to war for those Olympia points! I will give my heart on that stage tomorrow night and when I get home….Coach and I will be game planning to make 2019 MY BEST YEAR YET! To all the incredible people I have met here in Japan…thank you so much for welcoming me with open arms. You have made me feel like Tokyo is my second home! I hope to make you all proud tomorrow!😤💪🏾👊🏾 ……. #IcanIamIdid #BreenaMartinez #ifbbpro #bikini #bodybuilding #champion #olympian #competition #posing #coach #personaltrainer #online #fenixfit #fitness #athlete #green #suit #tokyo #japan #caligirl #bayarea …… 明日のこの時までには、私は2018年に最後に舞台に上がる。 。 。 。 。 。 。 これは今年の私の第8回のショーと28日の@ifbb_pro_leagueビキニコンペになります。明日の夜に何が起こるかにかかわらず…私は誇りに思っています。私は一度も諦めず、一生懸命練習しました。そして、私はオリンピアのポイントで戦う準備ができています!明日の夜と家に帰ると、私はそのステージに心を尽くします….コーチと私は2019年を頑張って計画しています!私は日本でここで出会った信じられないほどの人々に、…私を武器で歓迎してくれてありがとう。あなたは私の東京が私の二番目の家だと感じました!私は明日あなたをすべて誇りに思うことを望みます!😤💪🏾👊🏾

Breena Martinezさん(@breenamartinez)がシェアした投稿 –

ビキニの優勝はブリーナ選手。

ビキニは特に接戦だった印象です。

日本人のミハル選手は5〜10位以内で惜しかったな〜。。

ボディビル212 優勝 DAVID HENRY(デイビット・ヘンリー)選手

ボディビル212クラスの優勝は、デイビッド ヘンリー選手。

ボディビルは僅差だった印象です。

生身でプロ選手のマスキュラーポーズを見ましたが、、

本当に衝撃を受けました。。会場のどよめきが忘れられない。

メンズフィジーク 優勝 Brandon Hendrickson(ブランドン ヘドリクソン)

ジャパンプロ メンズフィジーク優勝はブランドン選手^^

会場のどよめきが凄かった。。。ボディビル並みに一人だけサイズがデカく、規格外でした。。

目がくりくりしていて、、愛嬌も素晴らしい。

ステージングも完璧でした❗️

 

まとめ

日本で初の開催となったプロコンテスト『IFBB PROFESSIONAL LEAGUE JAPAN PRO 2018』

優勝金額もさることながら、規格外の大会でした^^

日本人のIFBB PRO選手は。。。

生まれませんでしたが、、

なんと来年『2019アマチュアオリンピアin東京』が開催決定❗️ 山岸さんがアナウンスで会場内にて発表^^

来年こそ日本開催で日本人初のプロ誕生なるか!? 楽しみが一杯です^^

大会の企画・運営を展開してくださった堺部さん・山岸さん・他の運営の皆さん本当にありがとうございました‼️

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です