コストコのコールドブリューコーヒーが推し‼︎減量の贅沢品にワンチョイス!

ふぅ〜〜と一息つきたい気分だ。。

そんな時に超絶お勧めしたい一品を見つけたんだ。

「コストコ コールドブリューコーヒー」

これがなんといっても、ちょっとしたある日の贅沢気分を味わえる。

後味スッキリで舌に雑味が残らない。

コーヒー通ではないが、手元にないと、、もうね千円札を握りしめてコストコにダッシュしたくなる。笑

レビュー&豆知識をまとめるよ。

Sponsored Link

コストコ コールドブリューコーヒーのレビュー

外観はこんな形。

大口のキャップに一際軽いボトル。持ちやすいのが特徴。

製品名は「alameda cold blew」

ちょっと調べてみたら、コールドブリューしか作っていない専門の会社らしい。

こだわりがある商品て、愛着湧きますね。

ブラックなので、もちろん無糖。

健康志向の人たちにとって、間違い無いですし、フィットネス愛好家の方達にはもう欠かせないですよね。

なんたって脂肪燃焼効果・覚醒作用のあるカフェインが取れるんですからね。

間違いない。

キンッキンに冷やして飲みましょ。

コメ◯コーヒーよりの、コップに注いでいきます。

さあ、ぐびっと飲んでいきます。

口の中に広がる僅かな酸味から、フワ〜と広がるマイルドな甘み。

後味がまぁ〜スッキリで「美味い❗️」

これはリピ確定ですよ

久々にヒットしました。

コールドブリューコーヒーと普通のコーヒーの違い

我ながら、恥ずかしいのですが、コールドブリューコーヒーと普通のコーヒーの違い、、知りませんでした。

コールドブリューコーヒー

コールドブリューコーヒーは、低温でコーヒーのエキスを抽出するため、抽出には、約8〜12時間(抽出器具により異なる)かかります。

ゆっくりじっくり抽出するぶん、苦みや渋みのもととなるカフェインやタンニンが溶け出しにくく、クリアでまろやかな味わいになります。

熱を加えると、酸味と苦味が増す。

つまり、コールドブリューは酸味が少なく、まろやかな味わいになるということです。

減量での変化

ここで、トレーニーにとって重要なカフェインに注目!

Q:まず、ボディメイクにとって必要なカフェイン量の違いは?

A :コールドブリューコーヒーと普通のコーヒーはほぼ変わらない。

1カップのコーヒーカフェイン量、約100mg。

1日あたりのカフェインの適度な摂取量は400mg、コーヒーではカップ3〜4杯。

脂肪燃焼に役立つカフェイン量は「体重1kgあたり、0.2~0.3mg」です。

・体重60kg=120〜180mg

・体重70kg=140〜210mg

・体重80kg=160〜240mg

覚えておくと便利ですよ。

販売先

created by Rinker
ALAMEDA
¥1,980 (2020/10/01 01:53:03時点 Amazon調べ-詳細)

ちょっとした、贅沢をしたい時、、あるよね〜。

育児に疲れた時、仕事を頑張った時、トレーニングを頑張った時。

ふぅ〜〜

まさに至極のひととき。ちなみにロックアイスを入れるとキンキンに冷えて美味。

みんな買ってくれよな❗️

おすすめの関連記事はこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です