angles90で筋トレ効果を4倍にUP!!使い方&握り方はいかに!?

見つけてしまった。

トレーニングの効果を飛躍的に高めてくれるギア。その名も『angles90』

イタリア生まれのトレーニングギアであり、国外問わず最新鋭のジムにはちょくちょく導入が進んできています。

見た目のかわいらしさとは裏腹に使うと分かる、筋肉への刺激量。そしてバリエーションの豊富さ。

「価格&購入先」「使い方&握り方」「効果」などをバッチリまとめていますので、記事を読んで良かったらシェアしてね^^

Sponsored Link

angles90とは

『Angles90』とは、イタリアアルプスの小さい町で生まれたトレーニングギアのことです。

開発者は、プロの体操選手Simon。

彼は10年以上体操をやってきた知恵と工夫で、ウエイトトレーニングの大敵であるケガを防ぐために考案されたAngles90。

理学療法士・トレーナーとの研究結果により、特に肩のケガ・問題に特化したトレーニングギアともいえます。

グリップの持ち手が360度回転することにより、持ち手がアンダーグリップ、オーバーハンドグリップと固定されること無く回転することにより、自然な形でグリップを引くことが出来ます。

https://angles90.com/

Sponsored Link

angles90の効果の程は?

筋肉の成長を促すとともに、パフォーマンスも高めることが出来る

新しい繊維を活性化する

Angles90で握り位置を変えることによって、生体力学的に新しい運動を行うことになります。これは新しい筋肉繊維が刺激されることになります。

また回転したグリップを追加することにより、筋肉はより強い収縮と弛緩を感じることが出来るわけ。

可動域を増やす

Angles90では、引っ張り(プル)動作の動作範囲を広げます。縦方向のプルダウンでは、プルの距離感を増やします。

プルアップで、ラット(広背筋)はより激しいストレッチを経験することになります。

ケガの予防効果が狙える

身体の自然な動きを可能にする

Angles90は、生物学的運動に沿うように設計されています。バーベルは肩と手首を実際の生物学的な身体の位置と違い、不自然に動かしていく必要があります。

回旋腱板を保護する

回転グリップを使用することによって、回旋腱板のようなインナーマッスルは強い刺激を受けることになります。

インナーとアウターの筋肉の正しいバランスを改善するときに、抜群の効果を生み出すことが可能かと^^

angles90の使い方&握り方は?

<Angles90の使い方>

ERGO・・・手の形状に合わせて使う

POWER・・・手指に引っ掛ける

GRIP・・・紐の長さを近くする

使い方に関してはERGO、POWER、GRIPの3種類があります。

バナナの様な形状をした特殊なグリップから、バリエーション豊かなトレーニングを再現することが可能。

狙った筋に対して収縮を細かくヒット出来ます。

<Angles90の握り方>

アンダーグリップ

ニュートラルグリップ

パラレルグリップ

握り方に関してはアンダーグリップ、ニュートラルグリップ、パラレルグリップの3種類ですね。

ちなみに360度取っ手が回転するようになっていますので、握りも自在にバリエーションを変えることが出来ます。

こちらの動画を見て頂ければ、なるほど!と一発で使い方は分かると思います。

マシンのグリップに使用することも可能。

バーベルに使用することも勿論可能。

チンニング、ロウ系種目、プル系種目に抜群の相性だと思います。

こちらにレビュー動画を載せておきました。

さらにAngles90について知りたい方は、チェックしておいても良いかも。

Sponsored Link

値段が手ごろすぎ!?購入先はいかに!

日本でも「Angles90」が遂に販売開始となりました。

値段は現価格で10,000円を切ります。Amazonでは6,980円で取り扱いがあるようです。

売り切れてしまったら、こういった海外製のギアは入荷が未定となるところがちと怖い。

定期的に入荷もしているそうなので、在庫が無かった場合はブックマーク&入荷リマインダー設定をした方がいいかもしれません。

まとめ

『Angles90』たかがトレーニングギアと思っていると、せっかくのトレーニング効果を薄めてしまうかも??

「筋発達を促す効果」「ケガの予防」「パフォーマンス向上を狙える」効果が証明されているまたとない神器。

まだ日本では取り扱いが少ないっていうこともあり、Angles90を使っていると間違いなく注目を浴びるかも!?

おすすめの関連記事はこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です