ギャングスタ(リストラップ)の効果が凄い!購入レビューや巻き方を伝授!!

どうも。 karada@pressです^^

本日は、リストラップという(手首を保護してくれるサポーター)ものを買ってみて、めちゃくちゃ感動したので紹介します。

しかも、スリングショット社のギャングスタ(GANGSTA)といわれる本格派のリストラップを購入したので、着用した体感と効果をまとめました^^

「もっと早く購入しておけば良かった。」まさにこれに尽きます。

トレーニーは必見。

Sponsored Link

リストラップとは?

リスト(wrist):手首ラップ(wrap):包む

リストラップとは手首を包むギア(補助具)のことをいいます。

よくパワーリフターやベンチプレッサーの方々が着用されているので、見たことはある方が多いはず。

簡単にいってしまうと、プレス系の種目(押す)に抜群の効果を発揮します。

ある程度重量のあるダンベルやバーベルが扱えるようになると、手首の位置を考えない限り、靭帯を痛めやすいです。

ベンチプレス種目の初心者に限らず・中級者・上級者でもリストラップを着用後は手首の安定性が増すので、ケガをグッと減らすことが出来ます。

Sponsored Link

スリングショット「ギャングスタ」。(名前もカッコいい)

今回、購入したのはスリングショット「ギャングスタ」のリストラップ。

これを購入した理由は、なにより見た目がカッコいいから)笑。外見って大事。名前もイカツクてカッコいい。

色もブラックですから、これは堪らん。

でも列記すると、国際パワーリフティング連盟(IPF)公認品でもあり、国内外の大会で使用可能という世界で認められたギアですから、申し分ないですよ。

エラスティック(弾性)レベル3という位置づけで、市販に売っているリストラップより固めでかつ柔軟性に富むので、下手に安いリストラップを買うより間違いない選択かと。

付け方がめちゃ簡単。(付け方)

リストラップの全体の長さは、50.8cmのタイプ。別売りで91.4cmのタイプがありましたが、50cmタイプが手首使用ではベーシック。

①こんな感じに、ループ部分とベロクロ・マジックテープ部分が両端にあります。

②親指部分にループを通します。

これが、まぁ通しやすいこと。笑

③一周半ぐるっと回すと、もう着用完成です。

時間にすると、僅か5秒で着用可能ですよ。これは、トレーニングの時間短縮にもなりますし、せっかちなkarada@pressにはうってつけです^^

背面はこんな感じです。

ちなみに、外すのもベロクロ部分をペリペリとはがすだけで3秒ほどで着脱が出来ます。

着用した体感や効果は?

結構マニアックな体感になりますが、SBDリストラップ(フレキシブルタイプ)よりやや固く、スティフタイプより柔軟性がある感じです。

固さのレベル

SBD(フレキシブル)<ギャングスタ<SBD(スティフ)

まとめるとこのような形になります。

着用すると『はぁ〜〜〜。固定されてる〜!』と安心感が出ます。

効果は、靭帯の炎症予防・手根管症候群の予防という意味では勿論。手首の安心感から無駄な力みが減り、力が効率的に伝わることが出来ます。

結局、ベンチプレス・ショルダープレスの重量UPはしたの?

でさ、結局のところ。扱う重量の変化はあったの?というのが疑問ですよね。

まとめると、この様な感じ。

ベンチプレス(バーベル)100kg→120kg

ショルダープレス(ダンベル)30kg→40kg

2種目とも扱う重量は上がりました↑↑

個人的にベンチプレスは80kgを超えた辺りから・・手首がちょっとヤバいな。と感じていたので、購入して大正解でした。

勿論、このプレス系の種目だけでなくスナッチやハイクリーンといったハイパフォーマンス種目にも使えるので、必須ギアかと。

手首以外にこんな使い方も出来る!

写真は日本人唯一のIFBBプロ(ボディビル)の山岸秀匡選手。

山岸選手のように手首だけではなくに着用をすることも出来ます。

しかも、愛用されているのが今回購入したスリングショット(ギャングスタ)の色違い。プロが使うものは本物と認めても良いですよね。

ケーブルチェストプレス。

リストラップを持っていると、このように様々な種目に応用できます。

この様な加圧にまで応用出来ます。

若干腕には付けにくいですが、慣れてしまえば加圧でも応用出来、結構腕もパンプするので、超お勧めですね〜

キツく巻きすぎることも無いので、神経系の拘束でいためる心配も少ないですよ^^

もっと上を目指したい方に:本格リストラップを2つ厳選。

②SBDリストラップ(スティフ)

SBDリストラップ「スティフタイプ」

一番市場に出回っている中で一番硬いリストラップです。

karada@pressはフィットネスショップ原宿で試着してみましたが、がっちりホールド感があり、付けた時の満足度は高かったです^^

実際に、ベンチプレスも試しましたが良かったですよ。

こちらは、このサイトで購入可能です。

http://www.sbdapparel.jp/products/detail.php?product_id=11

②スリングショット『ギャングスタ』リストラップ

http://www.mbcpower.jp/SHOP/SSGW.html

実際に購入&今までレビューしてきたのはこちらのギャングスタリストラップです。

色が何種類かありますが、説明した通りデザイン・機能性とも間違いないですね^^

結構リストラップのデザインって、ダサいものが多いんですよね。。ラインが入ったものが多くて。。何かウェアに合わない。

そういった意味でも、ギャングスタは完璧。


いかがだったでしょうか?

「まだ、リストラップを持っていないよ〜。」「そろそろ買い替えようかな?」と思っている方は、是非『スリングショット(ギャングスタ)』チェックしてみてはいかがでしょうか?

ケガの予防にもなるし、パフォーマンスも上がるとしたら言うことなしですよ。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です