小沼敏雄のボディビル人生が熱い!当時と現在のトレーニングを紐解く‼︎

ボディビル界の生ける伝説「小沼敏雄」さん。

現JBBFボディビルチャンプの横川尚孝選手・鈴木雅選手、相澤隼人選手含め、リスペクトの意味を含め、名前を聞くことが多くありました。

実際に調べ、写真を見た時に衝撃を受けました。

「カッケー。。」

正直、今まで知らなかったことが恥ずかしい。。

全日本14連覇という偉業を達成、体つきはNABBAのクラシックモデルを思わせる美しさ。

衝撃を記事に残しているので、楽しんでね^^

Sponsored Link

小沼敏雄とは

小沼敏雄(こぬま としお)

生年月日:1959年1月2日

出身地:埼玉県(三郷市)

身長:175cm

体重:85kg(オフ) 78kg(オン)

経歴

・1983年 ミスター日本 2位
・1984年 ミスター日本 2位
・1985年 ミスター日本 優勝
・1987年~1999年 ミスター日本 優勝
・1988年 アジアボディビルディング選手権(90kg以下級) 優勝
・1989年 アジアボディビルディング選手権(85kg以下級) 優勝
・2002年 ミスターユニバース(40歳の部 80kg級) 優勝

小沼敏雄さんのボディビルの特徴は、日本人離れしたプロポーションです。

腕・肩といったパーツは小さいとも言われていますが、当時のボディビルディングの中でまず目に入るのが小沼さん。

黒人のようなカット・ハリのハムストリングス、八頭身のシルエット。

かっこいいと思わない人間はいませんよ。

今の時代の人間でも同じように思います。

特に生涯ナチュラルだったというのが、同じコンペティターとして尊敬します。

同世代の山本義徳選手は元は同じ団体も、違う団体にチャレンジしていく中で、小沼さんはナチュラルにこだわりました。

肉体をみても、凄さは分かりますよね。

Sponsored Link

小沼敏雄の伝説的なエピソード

1987年ミスター日本の際、比較審査無く優勝決定したという伝説があります。

観客が「小沼を見せろ〜❗️」と大ブーイング。

最後にちょろっと小沼さんがピックアップで呼ばれるという。

この伝説はミスター日本2回目を獲る際に、実際にあったことだそうです。

 

小沼さんはパーソナルトレーニングは受け付けない。

理由は自分のトレーニング時間が減るからだそうです。

小沼さんクラスの方でしたら一時間何万円も取れるはずですが、小沼さんにとってお金は必要以上には要らないと。

→*現在は何人も弟子を抱えています。簡単にパーソナルを受け付けるというのはしないようですが、GG町田で毎週木曜にトレーナーとして勤務されています。ボディビルポーズ・トレーニングの指導、審査員、セミナー業務、ボディビルの普及に活躍されています。

パーソナル予約先はこちら

当時の貴重な写真をアップ

肉体

当時、大会2ヶ月前で大円筋を切ってしまい背中のトレーニングがままならない状態であった。

バックスプレッドもとりにくい状態であったが、見事優勝。

その当時の写真をアップ。

この写真でも若干仕上がりが甘いとのことだが、十分えぐい。。

1980〜90年代の選手たちの中では、プロポーションが群を抜いて目立っています。

Sponsored Link

食事

食事メニュー(昼:弁当)

玄米のオニギリ、鳥の胸肉、野菜、ゆず、松の実

昼は毎日このようなメニューです。

ご飯は摂取しすぎないように、スープは一切摂取しない、おかずが食べ終わってからオニギリだけを食べるようにしている。

夜はグラス一杯のワインを飲むことが楽しみ。

当時と現在のトレーニング方法の違い

当時のトレーニング方法のDVD

created by Rinker
¥1,650 (2020/11/01 10:39:45時点 Amazon調べ-詳細)

DVDの一部ですが、超高重量をぶん回す。

しかもハイボリュームで。

チンニングに荷重プレートを40〜60kg付ける。

240kgもの重さでスクワット10回を4セット。

拝見したイメージは、超高重量でガシガシやっているイメージです。筋肉の太さをつけるには間違い無いなと。

もちろん、各種体の使い方&コツなど学べますが、もう一度高重量の必要性を学ぶ貴重なDVDかと感じます。

小沼敏雄書籍シリーズ

2020年6月に発売されたアイアンマン。

再び、小沼敏雄さんの伝説を知ることができます。

なぜ、ここまでの肉体を作ることができたのか。食事・トレーニング・休養・環境などを知ることができます。

おすすめの関連記事はこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です