karada@press

カラダ、トレーニング、栄養、治療 最新情報サイト

トレーニング モデル 方法

【室伏広治】次元を超えるトレーニング方法と未来へ繋がる新たな試み‼️随時更新中‼️

2017/04/04

本日は珍しく2つ目の記事更新です。

karada@press個人的に、スポーツ・アスリート界で大好きなのが武井壮さん室伏広治さん

スポーツの才能だけでなく考えて、今でもカラダ作りをされており、きちんと言葉で周りを納得させられるだけの力を持っています。

お二人とも40歳になりますが、カラダと向き合い毎日を積み重ねて生活されている。。そんな姿に感動をさえしてしまいます。

 

そこで、今回は室伏広治さんについて、karada@pressが思っていることをまとめ、未来のアスリートへ繋げる新たな試みもされているようなので、気合いを入れて記事作成してみました。

Sponsored Link

室伏広治 プロフィール

images

 

・フルネーム:室伏アレクサンダー広治(Koji Alexander Murofushi)
・種目 ハンマー投
・所属 ミズノ
・生年月日 1974年10月8日(42歳:2017年現在)
・生誕地 静岡県沼津市
・身長 187cm
・体重 99kg
・自己ベスト ハンマー投:84m86(2003年)

 

実績

・2001年世界陸上エドモントン大会銀メダル受賞

・2004年アテネオリンピック金メダル受賞

・2011年世界陸上大邱大会金メダル受賞。

・2012年ロンドンオリンピック銅メダル受賞。
・2016年6月、競技引退の意向を表明。

2016年6月の競技引退宣言は、karada@press自身最近知ったので、びっくりしてしまいました。。

しかし、2004年に東京医科歯科大学 スポーツサイエンスセンターのセンター長に就任されている為、密かに室伏さんのトレーニング理論がオープンになってくるのではと期待しています。。

 

トレーニング動画

 

10年以上前の動画ですが、トレーニングの参考になる内容が随所にちりばめられています。

室伏さん自身、30歳を過ぎた辺りから、ウエイトでの限界を感じ、上を目指す為に自分自身でトレーニングを考案していったと語っています。

Sponsored Link

トレーニング理論

 

上記の動画を簡単にまとめると、

①anatomical body(解剖学的身体、筋骨格)

②functional(機能、可動性)

③movement(脳・中枢神経)

上記の3項目で運動は成り立っており、①と②は年齢によって衰えていくものだと言う。(①は筋肉や靭帯・関節など)(②は、関節の可動性・筋の柔軟性など)

その為、以下に③を発達させていくことが非常に重要だと言っています。

その③のトレーニングというのは、カラダに慣れさせない方法。つまり同じ刺激が入らないようにする、全く違う負荷が掛かるようにする方法らしい。

具体的には、バーベルの両端にハンマーをぶら下げてのスクワットなど。

 

karada@pressは、理学療法やクラニアルなどを提供している身なので、プラスαで付け加えたいが、③を発達させる方法はまだあると考えています。

 

一つは、この記事を参考にしてみてください。

クラニアル治療:潜在能力を引き出す方法

 

未来へむけた新たな試み

 

20170113-120952-5157

 

東京医科歯科大学スポーツサイエンス機構の教育プログラムで、セミナー(2017年、3月17日)が開催されるようです。

費用は25,000円とのことです。

Happy to announce that Tokyo Medical And Dental University are hosting educational program for PT,AT, Training Coaches.
We are exited to invite Masa Sakihana for the work shop.
looking forward to see you soon.
東京医科歯科大学 スポーツサイエンス機構主催の教育プログラムを行います。
今回は咲花正弥氏を招き、国際的な知見から、現場での実践的な内容を含め、TC,AT,PTの方々を中心にレクチャーしていただきます。
皆様の応募、お待ちしております。
Application form:
https://tmdu.jp/sports/kyouiku_program.html

*室伏広治オフィシャルサイト引用

karada@pressは、今回は見逃してしまいましたが、定期的にセミナーが開催されているようですので、また開催の機会がありましたら、次回は参加したいと考えております。

SNS情報

 

室伏広治:オフィシャルWEBサイト
Twitter:KojiMurofushi(@KojiMurofushi)

 

編集後記

次回室伏さんがセミナーされる情報を随時、このページに記載していこうと思っています。

要チェックしてみてください。

 

karada@press

 

Sponsored Link

 

-トレーニング, モデル, 方法
-