竹本直人(安納芋マン)のフィジークが圧倒的!食事やサプリ&トレーニングは?

どうも!! karada@pressです。

先日、遂に日本でもフィジーク(ボディメイクのカテゴリーのひとつ)のプロ選手が誕生しました。

その選手の名は・・・・

「竹本 直人」

実は..日本のフィジーク文化の幕開けとも言っていいかも知れないぐらい、ビッグなニュースなんですよ。

そんな訳で、日本を代表する選手となった彼ですが、、

実はフィジーク競技歴はまだ浅く、ここまでの体を作ったのには何か理由があるはず。

ということで、竹本選手の「食事」「サプリメント」&「トレーナー」「トレーニング」などをまとめてみました^^

Sponsored Link

竹本直人とは?

竹本直人(たけもと なおと)

年齢:25歳

身長:183cm

体重:88〜92kg(オン)99〜100kgオーバー(オフ)

日本人では珍しい、高身長でバルク型のフィジーク選手。

トレーニング歴は6〜7年目で、最近まで某ゴールドジムのトレーナーをされていました。

・・・

竹本選手のニックネームは、今ではすっかり定着しており「案納芋マン」という、好物である案納芋からとったネーミングをSNSで使っています。

「茨城の芋農家とスポンサー契約する!」「軽トラで芋を売るのが夢!」

というように、芋が大好きなようで、、何か和みます。笑

そんな竹本選手、、IFBB フィジーク PROになるまで、実はあまり注目されていない選手でもありました。

経歴をまとめると、以下のようになります。

2014年 ベストボディジャパン東京フレッシャーズクラス 4位

2016年 東京メンズフィジーク選手権172㎝超級 1位

2016年 オールジャパン・メンズフィジーク選手権大会メンズフィジーク 40才以下176cm超級 3位

2017年 オールジャパン・メンズフィジーク選手権大会メンズフィジーク 40才以下176cm超級 3位

2018年 オリンピアアマチュア フィジーク クラスE 1位

2018年 オリンピアアマチュア フィジーク オーバーオール 2位(IFBB PRO獲得)

各大会で好成績を出していますが、IFBB PROになるまで過小評価だったのは事実。

注目していた人はいたのでしょうが、IFBB フィジーク PROになった瞬間、、一気にインスタのフォロワー数1万越え。。

それだけフィジーク競技は注目されている証拠ですね。

*個人的には竹本選手のファッションが好みで、NIKEやノースフェイス、シュプリームなどスト系を着ているので、それまたカッコいいんです。笑

Sponsored Link

竹本直人のフィジーク画像ビフォー&アフターに驚愕!

いくぜよ!

IFBB PRO Naoto Takemotoさん(@naoto_tkz)がシェアした投稿 –

2013年の夏の様子。

左にいる方が、、竹本選手!?

今と人相も変わりすぎてて全く分かりません。。

写真写りがあるかもしれませんが、この頃はまだまだ細かったのですね。。。

2015年の夏の写真です^^

2013年の時と比べると、一気にビルドアップされていますね。

っていうか・・この写真、、めちゃくちゃ豪華ですやん。。

一番左が竹本選手。左から2番目は、田口純平選手。一番右は、オールジャパンメンズフィジーク第2位の選手。

年を重ねる度、皆さん進化していますね。。

そして、2018年。

一気にバルクアップされていますね^^

脚が格好良すぎ。。

ここまでの脚を作るには一体どの程度のトレーニングを積んだのでしょうか。。。

憧れます。

最近のフィジーカーは、やはり脚が発達していないと高評価にならない気がします。

竹本直人の参考にしたい!?食事&メニューはいかに!

#にゃがにゃが亭#らうめん#ラーメン#替玉#行徳

IFBB PRO Naoto Takemotoさん(@naoto_tkz)がシェアした投稿 –

#三代目麺処まるは極#濃厚G郎混ぜ麺#ラーメン#二郎#大盛り

IFBB PRO Naoto Takemotoさん(@naoto_tkz)がシェアした投稿 –

竹本選手のインスタには基本、、

芋、芋、芋・・・・ラーメン、ラーメン・・たまにスイーツと。

正直あまり参考になる内容のものは、少ないようでした(笑

ただ、バルク期にはラーメンっていう選手は多い気がします。デカくなるには最高の一品なのかもしれません。


オリンピア アマチュア ラスベガスの調整では、毎日2kg近くの野菜と3ガロン(11ℓ)もの水を飲んでいるようでした。

凄まじい量。。

そして、、


カーボディプリート3日目の食事メニューはこちらです。

ほぼ野菜。カーボをほぼカットなので、タンパク質と脂質、野菜というチョイスのようです。

このボリュームで一日分ですね。野菜の大切さが分かる内容かと。

Sponsored Link

竹本直人のトレーニング&頻度、メニューとは?

竹本選手のトレーニングですが、まず頻度最低週6回をこなしている様子。

具体的なメニューはまだUPされてはいないのですが、デッドリフトを重要視しています。

特にトップサイドデッドリフトではなく、床引きのデッドです。

背中(バック)が強い選手は、皆さん口を揃えて言っている程大切な種目ですね^^

そして、竹本選手の強みである「脚」

脚に関しては、ジャイアントセット法を取り入れているようです。

なんと、ラスベガスに滞在中、トレーナー山岸秀匡さん(IFBBボディビル プロ)が付いていたとのことで、約1ヶ月。。。

更に竹本選手のポテンシャルが引き上がった印象。いやぁ。。もうサイヤ人かよ。。

愛飲中のサプリメントとは?

2018年時点の愛飲サプリメント。

TOP選手達のサプリメンテーションを知ることは、大変勉強になります。。

グルタミンをめっちゃ摂っているのが印象的。

Universal Nutritionのアニマルパックですね。

これは、ビタミン類&アミノ酸群、プレワークアウト類の全要素が網羅されている一品。

1回分がパックになっており、44回分入っています。

海外ではプロテイン&クレアチン&ビタミンの次に、アニマルパックという位人気のある製品。

更なる進化をしたい方にピッタリかも。

便利なサポートアイテムを紹介!


これは、なかなかナイスなチョイスですね❗️

こういうサプリボックスを持っていると、サプリを開封する手間も入らずに済みますね^^

便利グッズ。素敵。。

そして、またまた便利グッズ^^

こちらのボトルは、片手で操作が出来るうえにサプリの準備の手間を省けます。密閉力も最高とのこと。

実はこういった几帳面なところが、竹本選手の強さのひとつなのかもしれませんね。

是非真似していきましょう。


いかがでしたか?

2018年オリンピア アマチュア in ラスベガスで見事IFBB PROとなった竹本直人選手

これから、日本でのバルクUP&減量セミナーやサプリブランドのスポンサーの獲得など今後の展開に期待しちゃいますね。

・・

少しでもトップ選手達の「食事」「サプリメント」&「トレーナー」「トレーニング」を真似て、良いところを取り入れていき、上を目指していきたいですね。

以上、karada@pressでした。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です