若返りが出来る治療ーCSF治療(脳脊髄液治療)ー

夜な夜な記事更新中。

 

腹筋ローラーを500回行うYouTube動画をみて、40回でギブアップしましたkarada@pressです。

 

本日は、皆さんに唯一若返りが出来る治療をご紹介いたします。

Sponsored Link

世界で唯一若返りが出来る治療とは‼️

 

その名も

 

CSFプラクティス

CSFプラクティスは、種々なる手技、カイロプラクティック、オステオパシー、SOTなどを学んだ、創始者の宮野博隆が考案した独自の医療理論『パーフェクトクラニアルセオリー』を基にした治療テクニックです。

 

 

 

CSFプラクティスとは!

 

CSFプラクティスのソフトブロックテクニックやポンピングテクニックを駆使し、脳脊髄液(以下CSF)を排出・吸収・増産させて循環をうながし、本来の力を失った脳・自律神経を活性化していきます。
CSFプラクティスは『患者に元気をつけることの出来る初めてのテクニック』です。

 

このような理論体系を持つテクニックは人類史上、初めてのものです。
CSFプラクティスは患者を機能的に活性化するだけではなく、世界初、史上初、『組織の再構成(若返り)のできる21世紀の革命的医学』といえます。

 

脳脊髄液(CSF)とは‼️

 

images

 

「CSF=脳脊髄液」とは、脳室内の脈絡叢(側脳室、第三脳室、第四脳室)で産生され、脳内では上矢状静脈洞内に突出するクモ膜顆粒で吸収され、脊髄では脊髄神経内へ流入し、神経周囲腔を通り神経末端まで流れ、末端の組織で吸収されます。

 

「CSF=脳脊髄液」の生成・循環・吸収の経路

 

unknown-1

 

CSF生成する所= 脳室内の脈絡叢(側脳室、第三脳室、第四脳室)
吸収する所= 頭では上矢状静脈洞内に突出するクモ膜顆粒から血液へ
脳脊髄液の流れ
流れる経路 = 側脳室→室間孔→第三脳室→中脳水道→第四脳室→第四脳室外側孔と正中孔を通り外髄液腔(クモ膜下腔)へ(脊髄中心管で生成されるCSFは上行し第四脳室へ)クモ膜下腔のCSFはクモ膜顆粒で吸収、脊髄神経起始部で一部吸収、クモ膜の血管でも若干吸収されます。残りのCSFは脊髄神経へ流出します。

Sponsored Link

 

脳脊髄液の流れ(還流・増産)を良くすることで、身体の若返りが出来る!

 

つまり、CSFの流れを良くすることで、自然治癒力(身体の直ろうとする力)を最大限引き出すことになります。

 

また、自然治癒力を高めた上で、背骨の調整・内臓反射を使った身体改善法・四肢の調整を行っていく為、難治性の障害を持った方や誰にでも治せなかった病気が回復する可能性もあるということです。

 

 

この若返り治療が受けられるのはここだけ‼️

 

main01

 

CSFプラクティス創始者 宮野博隆先生

ミヤノ ヒーリングラボ

宮野治療院

 

 

上記の治療院は、間違いなくオススメいたします。治療院自体は、2ヶ月先まで予約で埋まっています。

 

 

私自身、治療を受けにいってみようかと思っていますので、後日レポートの詳細を記事にしたいと思っています。

 

 

 

 

カラダプレス

karada@press

 

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です